竜巻

竜巻について

最近の異常気象でよくおこるのは竜巻です。ニュースで取り上げられる回数も増えてきました。竜巻が起こりやすい状況は、雷が発生するのと似ていて黒い雲の大きさが広く長く帯びている状況です。空を見ると二つの層ができていて下層は割と晴れている、上層は黒い雲が帯びているように見えます。

竜巻は天気に詳しい人でも、いつ発生するかしないのかは予測することが難しいそうです。映像を見ると南西から北東に向かって進行しているようになので、日本で竜巻が起きた際に西か南に避難した方が良いかもしれません。過去には海外の竜巻のニュース聞くだけでしたが、昨今の日本でも起こるようになったのは地球温暖化が進んでいるのも関係しているようです。

では、起きてしまったらどう行動すればいいのでしょうか?家の中にいる場合は、雨戸や窓とカーテンを閉めて、窓のない風呂場やトイレに避難するのがよいようです。外にいる場合は、できるだけ建物や車から離れて公園のような広い場所に避難するのがよいようです。

テレビで竜巻注意情報が発令されることがありますが、実際に起こる確率は3%と言われています。

もし竜巻が発生したらどのように行動するかを日頃から考えておくと、いざという時に落ち着いて行動できると思います。日頃から空の様子を見ておくのも落ち着いて行動するための判断材料になると思います。自然現象をあなどってはいけません。